ひとりごと 7時間前

いやいや

毎日更新半月経ちました。意外と何とかなるなという気持ちと、もうそろそろ虚しくなってきますね。  毎回いいねしてくださってる方、さすがに同じ人だと思うのですが、いつもありがとうございます。  先週金曜の仕事に関する話をした記事だけ露骨にいいね0だったので、ああいうテイストの記事は望まれてないんだなと改めて思いました。  まあぶっちゃけ鼻につくというか自虐風自慢みたいな感じだし、たぶん読んでて面白い記事ではないんだろうなと思いつつ、  そんなの関係ないので書きます。自分が後で読み返すために書いてるので。  なんか最近改めて仕事のことを考えているんですけど、  それは自分というよりも自分の周りの人たちが、いろいろ環境の変化があって悩んでいるなあというのを見ていて、  大学院に行っていたりした人たちも含めてようやく自分の周りの人がだいたい社会人になって、その中で、会社への不満もたくさんあって、転職を考えてる人もいるし、辞めた人もいるし、という。  で、私は基本的に、嫌なことはやらなくていいし無理に強制される環境というのはおかしいと思っているんですよ。  例えば若い芸能人が本人の望んでいない仕事をさせられているのとか見ていると嫌な気持ちになるし……あ、別にマリエさんのことではないです。  ブラック企業とかセクハラが横行してる職場なんかすぐに辞めた方がいいし、学校で言えば部活とか、会社だったら飲み会とか、そういうのはやりたい人だけがやれば良くて、  「人生に苦労はつきもの」とか「我慢することが後で報われる」とか、そういうのは本当におかしな主張だと思っています。  が、じゃあ働かなくていい、勉強しなくていいのかっていうと、そうは言えないんですよね。  本音で言えば仕事そのものだって誰もしたくないはずだけど、「働きたくないなら働かなくていいよ」とはならないわけじゃないですか。別に自分が責任を取れるなら別にいいと思うんですけど。  だから「全員が嫌なことをやらなくていい世界」というのは成立しないというか。結局はやりたくないこともやらなきゃいけない。  だから、やりたくないことをするために生きているわけではないはずなのに、やりたくないこともしないと継続できない人生の意味って何なんだろう、みたいな、そういうのって考えてるとキリがないですよね。  だからやりたくないこととは言いつつも「このくらいなら引き受けてもいいな、やった方が得だな」ということはやっていくしかない。当たり前ですが。  今の会社も別に良いことばかりではもちろんなくて、もうちょっとどうにかならないものかなと思うこともあるし、苦手な人もいるし、ただそれを考慮しても楽しいこともあるし、やりがいもある、給料も平均よりはたぶん高い、そういうところで働くことを選んでいるんだなと思います。  ……いや、まあ正直こういうまとめ方になりますけど明らかに楽しい側にいると思ってもいます。こんなにストレスなく働いてるのに給料も多めに貰ってるんで、ほんとに恵まれてるなと。これもまた鼻につく感じになってしまうんですが……。  そんなことないよのカツアゲになってしまうので難しいんですけど、やっぱり自分は運要素強めでここまで来たなという気持ちが凄く強くて、新卒1年ちょっとで転職して、唯一内定貰えたから消去法で入った会社が、そこから急成長して社員ガンガン増やして……って、別に自分の力で何か成し遂げたわけでは全然ないので。なので、こういう幸運がいつまで続くんだろうとも思うし、思いながら頑張っていくしかないんですよね。きっと。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 11時間前

濃度

先々週あたりが暖かくなってきたと思ったら先週からずっと寒いですね。4月中旬ってこんなもんでしたっけ?  去年の今頃なんてそれどころじゃなくて全然覚えていない気がしますが、もう少し暖かかったような……。  どうにか厚着をして耐え忍んでいたのですが、今日ついに1ヶ月ぶりに暖房を点けました。たぶん今年最後。……5月末には冷房つけてると思いますが。 --------------------  ヒトリエ『3分29秒』聴きました。  なんかこう良くも悪くも……良くも悪くもって感じです。はい。  2014年あたりからの流れの中で、ハチさんが大衆性を獲得してwowakaさんがそうならなかったのって、もちろんいろんな巡り合わせだったり活動の方向性だったりもあるでしょうけど、やっぱりある程度の必然性はあったと思っていて、  別に米津さんに先鋭性とか独創性がなかったかと言えばそんなことは全然ないんですけど、それとは別に、wowakaさんの持つ世界観はそのままの形では大衆受けするものではなかったのだろうなという。  で、今のヒトリエってすごく普通のバンドというか、ボーカルとしても割と普遍的に受け入れられる……いや、自分は思い入れが強すぎて客観的に判断できないし、またあえて口にする人も少ないと思いますけど、シノダさんの声の方が好きっていう人多いんだろうなと思うんですよ。たぶん。自分は全然そうは思わないですけど。  その一方で、今のヒトリエが他のバンドと差別化されているのは「wowakaっぽさ」の影響を色濃く受けたメンバーが構成しているところにあるわけで、  それが結果的に「普通のバンドにほんの少しのエッセンス」みたいなバンドになって、程よく中和された形でブレイクしていくんだとしたら凄い複雑な気持ちになるな……という。  「ヒトリエが売れるためにはwowakaっぽさはこのくらいで十分だったんだよ」と言われてる気持ちになるというか。  それはメンバーもそうだろうし。別に売れないでほしいということでもないんですけど……wowakaがいた頃のヒトリエを知らないファンとかが大多数になっていく未来は正直あんまり見たくないなという気持ちも、そういう心構えは2019年の段階でしてきたつもりなんですけど、なかなかなくならないですね。もうこれは仕方ないことなんですが。どう転んでもバッドエンドというか、バッドエンドであることは既に確定している世界の話なので。 --------------------  似たような感覚を『マヂカルクリエイターズ』に対しても思いました。  というのも、マヂカルクリエイターズ、スタッフも番組のテイストも完全に『勇者ああああ』で、MCがアルピーからマヂラブに変わっただけ、という感じの番組で。  もちろんゲーム要素もなくなったんですけど、『勇者』も別にゲーム要素が番組の面白さの根幹ではなかったので、マヂカルクリエイターズのMCがアルピーでも全然成立するだろうな、という雰囲気。  で、アルピーに比べるとマヂラブって、あそこまでの毒っ気はないというか、まあ始まったばかりだからというのもあるんでしょうけど、  ゲストや企画に対するアルピーの性格の悪いコメントがその面白さを加速していたんだなという感じが凄くある。  でも、たぶんマヂカルクリエイターズの方が人気が出るんだろうなとも思うわけです。良い感じに中和されていて見やすくなっているというか。  というのは、今のオールナイトニッポンがこれと同じ構図になっていて、アルピーANNでアルピーと作家の福田さんが作り上げた、リアルタイムで聴いているリスナーからの強いツッコミによる対立構造だったり、パーソナリティーを困惑させるサイコメールだったり、そういう一つのテンプレートを、Creepy Nutsとか三四郎とか菅田将暉とかが程よくマイルドにしたものが、今のANN全体の割とベースの1つになっていて、あれは一つの発明なんだろうなと思うんですけど、  それを作り上げたアルピーはTBSの1時間枠の録音放送に飼い殺しされてるというのが、こう、もうちょっと報われても良いのにな……という風にも思うし、  『水曜日のダウンタウン』より『スター名鑑』の方が好きだとか、『ヨブンのこと』より『朝井加藤ANN0』の方が好きだとか、『さくら荘』より『青ブタ』の方が、とか、こういう例は無数にあるんですけど、  「それが世間的に受け入れられるんだったらあれだってもう少し人気出ても良かったじゃん!!」みたいなことをいろんなタイミングで思う。  自分の好きなものと世間一般の好きなものがズレているために、ビジネス的な理由で自分の好きなものがどんどん潰されていって、しかも、それが全く真逆とかではなくて、「あとちょっとだけサブカル寄りだったらいいのに」くらいのズレ方なんですよね。だからこそ苦しい。  世間の温度感がわかりそうでわからない、乗れそうで乗れない。面倒だなあと思います。  ……まあそういう人たちはちゃんとお金を払って支えるしかないと言われれば確かにそうですね。2年前までにヒトリエのライブに通ったりファンクラブに入ったりしていなかったので何もかもの説得力がない。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 2日前

チルドレンレコード、dark cherry mystery など(その2)

4日前に書いた記事、読み返したら語りたいことの半分くらいしか書いてなくて逆に何でアップしたのかわからない。眠かったんだと思います。  なので全く同じ曲の話をします

dark cherry mystery / 忍野扇(水橋かおり)

 楽曲として凄く好きなんですけど、テイラースウィフトとか『Call Me Maybe』あのへんの洋楽にインスパイアされたのかなと思いました。  ストリングスの使い方だったり、楽器の減らし方、リズムの取り方が最近の洋楽っぽい気がする。……テイラースウィフト別に最近でもないので怒られそうですが。  それとアニソンを上手く掛け合わせているのが凄いなーと思います。  こういうサビのリズムがパキパキしてメリハリのある曲が好きです。口ずさみたくなる。

チルドレンレコード(Re:boot) / じん

 チルドレンレコード、実質的にカゲロウプロジェクトの主題歌のような感じがあるのですが、  改めて聴き返した時に、それはやっぱり「少年少女前を向け」というフレーズの強度にあるんだろうなと思いました。  カゲプロをrepresentするフレーズ。『カゲロウデイズ』は物語性が強すぎるんですよね。流行ったきっかけではあるけれどポップソングではない。  曲のメッセージに普遍性があるので、カゲプロ関係ない場面でも使える。だからこそ『砂の惑星』に引用されたのだろうとも思いますし。  そういう意味で言うと、実はwowakaさんの楽曲で長く残っていくのは『ローリンガール』だったりもするのだろうと考えたりもします。「転がる」という一単語で想起させることができるので。  ボカロというか作曲もまたいつかやりたいなーと、1年に2回くらい思うんですよね。まあ時間もエネルギーもないのですが……。実は6年くらい前に作って、自分の中でかなりお気に入りの出来の曲があって、そrが6年間ずっと眠っていたりします。いつか発表したい。

君は何キャラット? / ラストアイドル

 せいやの話しかしてなかった。  楽曲としても割と好きで最近毎日聴いています。  ラスサビの終わりの変則的な小節、ベースラインとブラスの明るさ、シンプルながら中毒性が高い。  まあ秋元グループ特有のテーマを少しも捻らずに吐き出している歌詞だったり、インド要素だったりはそんなに好きでもないんですけど、方向性としてはハロプロに近い感じがあって、それこそ『泡沫サタデーナイト!』的なハッピー要素があって良き。  あとセンターの子がかわいい。それ以外の子もかわいいんですが。1:58 あたりのほっぺたをぷにぷにってするところの表情で毎回目を奪われる。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 3日前

自己分析

先月からカウンセリング通いをずっと続けています。  理由としては、会社の福利厚生の一環で無料でカウンセリングが受けられることを知り、無料なら行くかーという感じなのですが。  話していくうちに少しずつ自分の考え方のクセであったり、どういう部分を変えることで少しずつそれを改善していけるのか、みたいなことを解きほぐせている感じがして、結構行って良かったなと思っています。  あんまり気づかれてないと思いますけど、実は先週書いたこの記事が割と自分の中ではエポックメイキングで、  たぶん今までだったら「文春もこの手の騒動でアイドルを責めるファンも悪、何でこんなおかしな考えを持つ人ばっかりなんだろうか」みたいな怒りの部分で結論が止まってたと思うんですよ。  ただ、そうやって書いてる最中に、これも別に一つの考えでしかないというか、「自分がこう思っているだけで、文春の方が正しいことをしている可能性もあるし、別にどっちが正しいとかないんだよな」という考えに至って、なので記事の結びで明らかに方向転換してるわけです。  これが自分の中では小さな成功体験というか、今まではここに自分でブレーキを踏むことができなくて、ずっと自分が正しいという思い込みで突っ切って誰かに怒られて初めて反省する、という感じだったので。  で、今までだったら怒りの方向にテンションが向いている時に冷静になることなんてできなかったんですけど、何で今回そういう気持ちになったかというと、ここ2ヶ月くらいでカウンセリングを……8回くらい受けてるんですけど、もう毎回のように「あなたは正しい・正しくないという価値観を強く持ちすぎている、白黒はっきりつけようとしすぎている、もう少しグレーゾーンを認められるようにならないといけない」という話になって、自分でも本当にその通りだなと思っていて、  それが刷り込まれた結果、あの記事を書いている最中に「正しい」というワードを使った瞬間、反射的に「あ、いま自分は良くない考え方に陥っている」という気持ちになったんですよね。笑  自分の行動だったり考え方のパターンを自分で把握することが具体的にどう解決に繋がるのか、そうしたところで実際に怒ったり興奮している時には冷静ではいられないんじゃないかと思っていたのですが、意外と効果があるのかもしれないと思い始めました。 --------------------  前回の面談で話していく中でなるほどと思ったのは、「自分より優れていると思っている相手に対して怒りを覚えやすい」という部分。  相手にも問題があるという前提であれば受け入れられることが、相手のことを強く尊敬していたり、凄く好きな相手だったり、相手の方が正しいと思い込みすぎていると、許せる範囲が一気に狭まる。  それこそこのブログで言えばwowakaさんのこととかはそういうカテゴリーに入るだろうし。父親のことを許せないのもそういう部分なのかなあとか。  そう考えると確かに、自分が揉めたり怒ったり傷つけられたりする、そういうスイッチが入る相手って、大体自分が尊敬している相手か、自分のことを明らかに見下している相手のどちらかだなと。高校の先生とかは後者だから嫌いだったんだなーとか。いや、むしろ教師が嫌いすぎて「上下関係を振りかざす存在全般」が嫌いになったのかもしれないですがw ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 3日前

GalaxyかPixelか

ここ最近ずっと3時とかに寝ていたのを、少しだけ早めて珍しく8時間くらい寝たんですけど、今度は寝すぎてずっと頭が痛いです。大丈夫かなあ……。  なのでブログも控えめです。 --------------------  Galaxy S21 が国内発売されたら乗り換えようと思っていたのですが、価格が高すぎてびっくりしました。 au、「Galaxy S21 5G」「Galaxy S21+ 5G」22日発売 - ケータイ Watch (impress.co.jp)  グローバル版やSIMフリー版と比べて1~2万高いのは元々ある程度納得していて、それは国内独自のFelica対応だったり、あとキャリアから買うことで故障時に本体交換してくれる保障サービスが何だかんだで優秀なので、価値のある上乗せかなという感じで受け入れているのですが、  同じ機種なのにdocomoより2万円高いという舐めた価格設定。さすがにこれで買う気にはなれない……。  かえトクプログラム前提なのかもしれませんが、あれって結局は割引というより本体回収した場合の下取り金額の保障でしかないので、それを理由に金額上乗せされるのは厳しい……。  と思ったら「au Online Shop お得割」「5G機種変更おトク割」というものがあるらしく、それで22000円引+5500円のキャッシュバックが入るようです。  ……いや、これを前提にした値付けだとしたらそれはそれでdocomoと横並びで比較されるし広報として大失敗な気がしますが……。  で、これならGalaxy S21買ってもいいかなーと思いつつ、対抗馬がPixel 5。  元々ある程度安かったものが、発売から半年経った価格改定で既に約65000円になっていて、しかも上記の割引キャンペーンが同じ金額で適用されるので、37500円。最新のスマートフォンとしてはあり得ない安さ……。  ただまあPIxel 5ってハイエンドではないんですよね。Snapdragon 765G。しかも既に型落ち。  今使っているGalaxy S10と比べてどうなのか……世代としては1つ上がるし、Google謹製のチューニングもあるので、大きなダウンにはならないだろうと思いますが、それでも実際に変えてみたら意外と重く感じるなー、みたいなこともなくはない。  まあとりあえずauショップに行って実物見てみようと思います。たぶんGalaxy S21を買います。……1年半で機種変するのちょっと早い気もしますが……。  でも5G割引とかいろいろあるし!Galaxy Buds も貰えるし!と言い聞かせます。会社の制度変更とかのいろいろな都合でなぜか4月末にもボーナス的なものが出るし、ちょうどいい機会ということで……。 --------------------  ちなみにpovoには変えないです。理由は家族割もスマートバリューもau Pay ゴールドカード特典も全部適用されていて、あんまり価格が下がらないからです。兄弟が全員独立して家族割が効かなくなったら考えるかもしれませんが、その頃にはまたpovoとかUQとかどうでもいいくらい何もかも変わってるでしょうしね。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5日前

欲求レベル

毎日更新11日目。結構良い感じにブログ更新を日々の生活の中にリズムとして組み込めてきた気がします。  料理もそうですけど、毎日やるべきこととして定義したものをちゃんと毎日やると、それだけでしばらく自己肯定感を持てますね。  そしてそれが習慣化していくとだんだんその効果が薄れていって、「何で大したことでもないのに無駄に時間と労力を使っているな」という気持ちになって止めてしまうのだろうなとも思います。  マズローの欲求5段階説で言えば、自己実現欲求という一番高次の欲求でしかないので、それ以外の欲求が満たされない限りは動機づけとして弱い。  『リングフィットアドベンチャー』がまさに今そういう状態で、それ自体が目的として成立していた時は楽しかったんですけど、だんだんとそれだけでは快感を得られなくなってきて、そうすると別にダイエットとかそういう目に見える効果を得られるわけでもないし、疲れて日中の活動に支障が出るだけであんまり恩恵ないなあ、と思って今はちょっとお休み中です。  なのでまた1ヶ月くらいしたらブログの毎日更新とかいう無駄なことは止めてリングフィットをやっているかもしれません。  リングフィット、そう簡単に数日筋トレしたくらいでは何も改善されないという期待とのギャップをゲーム上の数字で補っているという点で非常に優れた体験なんですけど、  それはそれとして1ヶ月やったらもうちょっと目に見えて改善されてほしいんですよね。リングフィットが本当にゲーム上の数字にしか反映されないRPGだったらさすがにやってない。他のことで忙しいんで。ドラクエ11がせっかくGamePassで提供されていていつでも遊べるのに全く触っていないのと同じ状態です。  そういう意味で良い感じの体組成計とか買った方が良いのかなー。悩む。何がどう良いのかもわからないので選び方が難しい……。 --------------------  このブログの毎日更新に意味がないのでそのうち止めるだろうという話に戻ると、  今のところは「ブログを書いている自分でありたい」という自己実現欲求しか満たされていないからであって、  それより前の段階の欲求を満たす行為であればもう少し続けやすいなとは思います。  例えばプログラミングは社会的欲求や承認欲求も満たしてくれるんですよね。それを頑張ることで会社からも他人からも評価されるしお金も貰えるので。ブログは今そういうものではない。  承認欲求という面で、毎日更新の効果なのか、ブログのいいねが最近少し増えているのはやっぱり嬉しいです。コメント、そういえばそもそもデフォルト受け付けない設定にしたんでしたね。すっかり忘れてました。まあ来てはいないと思うのですが。  ただGoogleアナリティクスで見た感じあんまりアクセスとしては増えてないのが悲しいところ。まあ今のところは急に更新頻度が上がったことに気づく人も少ないと思いますし、地道にやっていくしかないですが。  あとAmazonアソシエイトも、まあ一時期よりは増えてるんですが単に4月は新大学生がSurfaceを買う季節だからという気もします。このあたりが明確に、Google広告とかも含めて小遣い稼ぎとして成立するくらいになればもう少し本腰入れたいなという気もするのですが……。  …………。 [amazon_link asins='B07XV8VSZT' template='Original'] [amazon_link asins='B07WXL5YPW' template='Original']  何とは言いませんが、よろしくお願いします。 --------------------  まあブログはブログでちょっとバージョンアップしようという気持ちはありますよ。  というか、昨年頭のFirestore移行で高速化したはずなのに気づけばPagespeed Insightsが全然高くなくなっていて悲しい。  Nuxt 3.0 のbeta版が出たあたりでフルリニューアルしようと思っています。GraphQLとか新しめの技術いろいろ使いながら。  本当は阿部寛のサイトくらい速くしたい。何だかんだ愛着はあるので。  そのあたりでコメント機能も復活させようと思ったりしてます。今はちょっと精神的に安定しているので。  というかいい加減WordPress切っちゃっても良い。試したいことはたくさんある。  そうなると今度は本名と紐づけてエンジニアとしてのアピールに繋げられないのが辛いところですが……でも全く同じ技術スタックで自分用のサイトも作っちゃえば良いのかな。いろいろやりたい。  とりあえず今月は個人開発でやってるアプリのリリースで手いっぱいなので、ゴールデンウィークあたりでガッツリ開発したいですね。できるかな? ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 6日前

チルドレンレコード、dark cherry mystery など

最近聴いてる曲の話でお茶を濁します。といってもこれも1ヶ月ぶりくらいですが……。  最近ほんとに新しい曲を聴いてないのであんまりネタもない。音楽聴いてる時間の半分くらいはヒトリエとパスピエと米津玄師で占められています。

dark cherry mystery / 忍野扇(水橋かおり)

 ふと物語シリーズの曲を聴きたくなってYouTube Musicで検索していたら、全然聞いたことのないこの曲にドハマリしました。    それにしても物語シリーズ、自分の中では結構ちゃんと追ってたアニメシリーズのつもりだったんですけど、歌物語2の曲1つも知らなくて焦りました。追ってなかったので当たり前なのですが。  『化物語』『偽物語』『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』あたりまで観てたんですけど、全体から観たら半分ですらない……。  と思いながら調べたら原作小説は全然終わってないんですね。『終物語』で終わってないんかい!っていう。  せっかくテレワークなんだし、Netflixとかで垂れ流す形で消化しても良いんですが、なかなか……。

チルドレンレコード(Re:boot) / じん

 カゲプロというかじんさん、定期的に活動再開を銘打ってる気がしないでもないですが、  どちらかというとついこの前のように思える『失想ワアド』からの『メカクシティリロード』が既に3年半前という事実に震える。  で、まあ『チルドレンレコード』も凄く好きな曲だしエモさは感じるのですが、個人的にチルレコで一番好きだった「肯定していちゃ未来は生み出せない」の「未来は」の部分の半音トリルが全音になったことにちょっとだけもやもやしました。  とはいえ元のチルレコの方が好きかと言われると、例えば当時は何とも思っていなかったIAのキンキンした調声に違和感を覚えたりしたので、やっぱり9年前だなあと思わされます。そういう好みの変化が、時代によるものなのか、年齢によるものなのかはわかりませんが。  そして同時にそういう意味でもやっぱり、二度とアップデートされなくなってしまった音楽のことを考えてしまいますが……。

君は何キャラット? / ラストアイドル

 冒頭のデコトラにでかでかと輝くせいやの顔で笑ってしまう。  せいやの顔を含めたフォルムの完璧さ凄いですよね。どんなシーンであってもコメディにしてしまう顔と体形の面白さ。粗品との対比も含めて本当に見事だと思います。  曲も華やかで良い感じ。メンバーもみんな可愛い。ラスアイは全然追ってないのでわかりませんが……。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6日前

上昇志向

まあ当たり前なんですけどそんなに毎日書くこととかないですね。ずっと家にいてずっと仕事してるだけなので。  ということで仕事の話をします。  今週は四半期に一度の全社総会がありました。自分より後に入った人、というか何なら自分が面接出て採用した人が表彰されてたりするのを見ると身が引き締まりますね。頑張らなきゃなー、と思う。  個人的に1~3月はなかなか……まあ精神的に病みまくっててそういう余力がなかった、自殺しないようにするだけで精一杯だったみたいな時期も半分くらいありましたけど、それは全部言い訳なので置いといて、  仕事的にはなんというか、ハードルを低めに設定して楽に飛ぶみたいな仕事のスタイルになってしまったな、と思っています。  チームとして今担当しているプロジェクトがどうしてもモチベーション上がりにくい、やらされ仕事的なプロジェクトだったところは理由としてあるのですが、それを都合よく言い訳にしてしまったというか、そこを脱したいというアピールも別にしてなかったなという。  それがまあいつか辞めるつもりの会社だったり、現状で十分に満足していて、今の給料のままで低空飛行できればそれで全然いいと思うんですが、そうじゃなくて、  自社サービスでバシバシ成長している会社で、会社に愛着も感じていて、自分自身もそこにちゃんと貢献したいと思っているのであれば、  火中の栗をちゃんと拾いに行く必要があるというか、自分が余裕に飛べる以上のチャレンジをして成功することで評価してもらうしかないんですよね。  もっとスキルつけたいしもっと給料上げたいと思っているので。  そして結局、そういう部分で他者からの肯定や保証・評価を得られること自体が自分の一番の望みなんだなということにも気づきつつあります。 --------------------  まあそういうわけで今週は結構プライベートでも頑張ったというか、ブログ以外に個人開発としてやってる方が大詰めなのでそちらも頑張っています。  個人でZenn.devにも昨日1件投稿したし、社内にもほぼブログみたいなドキュメントを投稿したし、週末にも1件投稿する予定なので、人格としては週10回更新みたいな気分。  今週は毎日深夜3時とか4時まで作業しているので寝不足ですが、やる気のある時にやらないと一生YouTube観てラジオ聴いて寝るだけの人間になるので多少無理もしたいと思います。  というか、出社時刻が10時~11時のフレックスなので5~6時間は寝てるんですよ。生活リズムがボロボロなだけで。どうせ毎日の睡眠時間削るのは体力的に無理なんだなということもわかりつつあります。  特に気づいた方はいなかったと思いますが、実はここ3日間の記事は3日前に書き溜めしていたものを順番に投稿していました。  霜降りチューブみたいなスタイルでやっています。  とにかく個人開発の方に時間を使いたかったので。別にブログは義務ではないので本末転倒ですが……。  なんでそんなタイミングでブログの毎日更新を始めてしまったのかと既にちょっと後悔していますが……。  とはいえ先月までよりは充実した時間を送れている気がするのでもうしばらく頑張ろうと思います。とりあえずは1ヶ月が目標。  中学とか高校の頃みたいに、「今日は書くことありません。寝ます。おやすみなさい」みたいな記事で稼ぐようになったら無意味なのでスパッと辞めます。それまではどうにか。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 1週間前

ゴール

ちょっと今週寒くなりすぎですね……。  先月後半からようやく暖房を消せたので何とか厚着をして凌いでいます。  実家にいた時はほぼ暖房つけずに過ごしていたとか、わざわざ寒いなか自転車でスタバまで30分かけて行って作業してたのとか、ちょっと信じられない。  それこそテレワークが始まってそろそろ1年になったことで、休日に1時間とか出かけるだけでもどっと疲れてしまうし、人間は環境に順応するとどんどん衰えていきます。 --------------------  もう1週間前ですが、有吉さんの結婚のニュースでさすがに驚きました。  と同時に、もちろんおめでたいことだし幸せなのだと思うんですけど、結婚ということに対しておめでたいとか良かったねとか、そういうコメントになるのってちょっと不思議だなと思っていて、  結婚したいと思えるようなパートナーと出会ったこと、お付き合いをしていること、は間違いなく幸せなことだと思うんですけど、そこって別に結婚は関係ないというか。  それこそ若林さんとか岡村さんの結婚の時も、ああいうちょっと闇というか変わった部分を持った人が、それを受け入れてくれる女性と出会えたことは本当に良かったな、と思うのですが、  それは別に結婚報道じゃなくて交際報道だったとしても全く同じ感覚になったはずで、  それでいうと有吉さんってたぶん5年前から幸せだったと思うので、結婚っていうイベント自体は別に、というか、この4月1日という日に何か素晴らしいことが起きたわけではないような、という不思議な気持ちになります。  と思ったんですけど、まあよく考えたらあの立場の人にとって、結婚というのを通すのってめちゃくちゃ大変なハードルがあるだろうなという気もして、  つまりお互いの事務所だったり関係各所だったりに気を遣って、今だったら結婚してもお互いのイメージダウンに繋がらないみたいな戦略部分であったり、そういういろんなものを含めて法的な関係を結ぶことって確かにゴールといえばゴールだなと思うし、それは芸能界にいるかどうかで反応も変わってくるのかなとか。  というか、別に一般人であっても、結婚ってやっぱり一段ハードルが高いというか、もちろんお互いの家族への話を通す部分もそうだし、人生設計として(離婚する可能性はあるとはいえ)財産を1つにしてこの先生きていけるかという問題もあるし、  そういうハッピーなことではなく、やらなきゃいけない問題を片付けたということに対してであれば確かに祝福が適切なのかもと思い直しました。  つまり、結婚した相手に対する正しい挨拶は「おめでとうございます」ではなく「お疲れ様でした!」なのではないでしょうか。マツコさん有吉さん採用お願いします。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 1週間前

手作り

1週間です。  毎日更新7日目ということで、もう既に1~3月の合計よりも多く更新しています。  さすがにちょっと疲れてきたので今月ずっとは無理な気がしてきています。既に。  というか昨日の記事、ひらがな推しと乃木坂の話題なんで1つにまとめてしまったんだろう……。  そういえば4/2の記事で、「自分の脳で栄養バランスを考えることなく必要な食事が作れるシステム」という意味で「オートミール」という単語を出したのですが、本当は「ミールキット」でした。  書き間違えとかではなく、両方の単語を聞いたことがある上で同じ意味だと認識してたので普通に恥ずかしい……。オートはautoじゃなくてoatなんですね。皆さんも気を付けてください。 --------------------  この毎日更新をするにあたって、今までより更新のハードル、自分が記事に求める水準をかなり落とさないと習慣化は無理だろうと思ってはいて、実際だいたい半分くらいの長さになってるんですけど、  それでも毎回1500文字くらいになってるのであんまり減ってない。  シュクメルリを作りました。 20210405_213846  こういう時に、コンロとか鍋が汚れた写真しか撮れないあたりに自分のSNS力の低さというか見た目への興味のなさが伺えて辛いですね。  とはいえ結構見た目ちゃんとシュクメルリになってて美味しそうにできたんですけど、あんまり美味しくなかったです。  美味しくなかった理由は味付けが薄かったからだと思います。元々のレシピは鶏肉しか入ってなかったところに野菜をいろいろ入れたのですが、その結果何倍にすればいいかわからなくなった上に、おろしにんにく1個がニンニクペーストでいう何杯分なのかがよくわからなかったので適当に入れたので、まあむしろ成功するわけがなかった。  なので次の日にニンニクをかなり増やして温め直したら結構美味しくなりました。千鳥・大悟の「思ってる量の倍入れる」は至言。  というのとは別に、私がブロッコリー嫌いなんだということを改めて気づかされました。  前にジャガイモとブロッコリーのグラッセも作ったことあるんですけど、本当にどう調理しても苦いし美味しくない……。ブロッコリーがなければもう少し食べやすかった気がします。  一人暮らしをしている間は二度と買わないでおこうと思います。  ……いや、でもむしろブロッコリーがギリギリ喉に通るくらいの味になっているのはむしろ成功なのかもしれません。味付けが薄かったら吐きそうになってると思うので。  あらゆる食材を美味しいと感じるのはたぶん無理なんですよね。苦いものは苦いので。もちろん肉だけとかなら良いんですけど。それを鶏肉とかで中和して何とか胃まで運ぶ作業だと思ってるので。学校の給食とかでも、いかにして美味しくないものを牛乳で流し込むかとか、そういう感じでした。ずっと。  ……と考えるとやっぱりこのシュクメルリ、鶏肉パートも大して美味しくないのが悪いかもしれません。  アニメで言えば声優の演技が下手でも話が面白ければ全然観れるのにそうなってないのは実は脚本のせい、みたいな。ブロッコリーが悪いのではなく自分がそれを活かせないだけ……。  それはそれとしてブロッコリーは買うのは止めようと思います。苦いので。 ...

comment  0
favorite  0